2014年7月15日火曜日

香水の眠り


先日、革細工職人だった祖母のことを書いて
ぼんやり祖母のことを思い出していたら、
ふとこれを大事にしまいこんでいたことを思い出し、
ゴソゴソと探し出してきました。


image


祖母が作った靴の形のペン立て。

ろうけつ染めのハンドバッグやお財布や眼鏡ケース、コサージュなど
大人向けなもの(というか熟年もの?)ばかり作っていたので、
実はあまり祖母の作った作品を私は持っていないのです。
子供だった私のために作ってくれたこのペン立ては、数少ない祖母の遺品なわけで。
まあその後、革も道具もごっそりいただいちゃいましたけど。
おばあちゃん、ペン立てまだきれいに取ってあるよー!
(ということはペンを使って勉強せんかったんね?と呆れられるかも)

台風やら梅雨やらであまり散歩に行けないので、愛犬たちが欲求不満で
いつも以上にベロベロなめまわされています。
お陰でヨダレ臭い我が身。
シャワーを浴びても浴びてもなめまわされるので
もうどうにでもしてっ!!と開き直りました。

でも、眠る時くらい良い香りに包まれたい……
(どうせ眠っている間も顔をなめられているけど)
と、布団に入る直前に香水(オードトワレ)を胸の谷間にシュッとし始めました。
シャネルの5番だけをつけて眠っていた人を気取っているわけじゃないんですけど
眠くなって体温が上がるとフワァ…と香ってきて
寝返りを打つたびに良い香りがして気持ちいいです。おすすめです。

でも朝起きると、チビ愛犬の方が香水の香りがしています。
多分、夜中にスリスリと匂い消しをしてくれているのだと思います。
負けないもん!

0 件のコメント:

コメントを投稿