2014年8月28日木曜日

パーマ液の臭い


久しぶりに美容院に行きまして
チリチリパーマをアップデートしてきました。
普段、このチリチリヘアをゆるくお団子にしています。
非常に楽です。
夏は首元が涼しいし、冬はマフラー類が巻きやすいし。
白髪で真っ白頭になったら、
白いチリチリお団子頭に真っ赤な口紅をするんだ!楽しみ!

前回作ったバレッタは、少し高めの位置のお団子の下につけます。
これならちょっとラブリーでも耐えうるハズ。
……と信じているんですけども。無理?

フェリシモの二回目、とっくに届いていました。


image


が、袋から出してもいませんでした。

こんな調子で、いつかこのスタンプを使う日が本当に来るのかしら。
我ながらちょっと疑問です。
それはそうと今回のスタンプ、縁のスカラップ用がありましたけれど
便利そうなのにスタンプとして使いこなすのは難しそう。
スタンプを使って刺繍をすることよりも
スタンプをどう応用するか、どれだけ上手く押せるか
がポイントなキットなのかもしれません。もしかしたら。

愛犬たちが、頭のパーマ液の臭いをしきりに嗅ぎに来ています。
そういえば、パーマ液の臭いって犬の肉球の臭いにちょっと似ているかも。
ただでさえ私は飼い主じゃなく(飼い主じゃないけど)
「犬仲間のボス」と思われている節があるのに
パーマ液の臭いのせいでますます立場が犬寄りになりそうです。
ワン。

2014年8月26日火曜日

ワイルドフラワー


なんだかめくるのさえ怠くて、未だ6月のままのカレンダー。
いかんですね。
毎年11月に予定していた私的イベントが私的理由で中止になって
目的地を失った渡り鳥のようになっております。
なにか長期的な目標を探さなくては!
かぎ針編みのお教室は来年の3月が卒業なので、とりあえず卒業かなぁ…。

我慢できず、先日購入したレース糸 Lapin で
野の花?を編んでバレッタにしてみました。


image


左からスミレ、デイジー、勿忘草、ポピー、マーガレット。

小さな花を作る時は、元々キツ手ながらさらにキツ目に編むので
今回も糸の指定では「かぎ針 2 号〜 3 号」のところを
レース針の 0 号で編みました。

糸が太ければ太いほど厚みでもっちりとした花になって可憐さがなくなるので
普段は花の大きさに合わせて糸の太さを選ぶのですけど、
この大きさの花を編むにはこの糸はちょっと太過ぎたようです。
まあその分、素朴なワイルドフラワーぽくなったかなー。

他にもパンジーや水仙やイチゴの花なんかを編んでみたんですが
盛りきれなかったのでいずれ何かに使おうかと。
で、このバレッタは……なんと自分で使う気満々だったりします。
多少恥ずかしいというか抵抗はあるのですけど
なるべく乙女チックにならないよう、髪をキリリとまとめてから留めるとか。
誰かに「若作り」と言われるまでは使うのだ!

昨晩は夏バテで夕飯をほとんど食べなかったら夜中にお腹が空きまして、
深夜 2 時 過ぎにホットケーキを焼いてしまったのですが
今日になって裏の家のおばあさんとか隣の家のおじさんとかに
「昨日、ホットケーキ食べてたでしょ」と指摘されました。
どうやら巷で言うところの
『夜食テロ』を起こしてしまっていたようです。
ごめんなさいぃ〜!

2014年8月21日木曜日

無の境地


このところ立て続けにZAKKAストアーズからレース糸が発売されて
レース糸マニアとしては嬉しくもあり悩ましくもあり…。

何度も商品写真を見ながら迷ったものの
色合いがはっきりしているのが気に入って
結局、全18色を買ってみました。


image


Lapin #20

普通の20番のレース糸よりも若干太くて、光沢はなし。
レース糸というよりも、細めのコットン糸という感じかな。
小物を編むには編みやすそうですよ。
花を編んだら素朴なワイルドフラワーになりそう。
野イチゴとかタンポポとか赤いポピーとかスミレとか、そういうの。
ひゃー、編みたい!

小さなコーン巻がカワイイんですが、収納するには場所を取るので
これから一つずつ巻玉にしていくつもりです。
ひたすらぐるぐる巻いている間は、無の境地に誘われて
けっこうな癒しタイムになったりします。
ありがたやーありがたやー。

2014年8月20日水曜日

めげません


夏の無地のTシャツに
ちょっと個性的なペンダントを合わせたいなぁと
ずっとあちこち物色していて、
夏も終わりかけている今頃になって
ようやく気に入ったものを見つけました。


image


好きなんだなあ、こういうの。
陶器でできた手作りの鳥ペンダントです。

昔(子供の頃)から可愛らしいものよりもちょっとドギツイというか
グロテスクちょっと手前、という感じのものが好きで
ピンクやフリフリやウサちゃんなんかとは無縁でした。
サン⚫︎オや⚫︎ィズニー製品も持っていたことがありません。
お陰で今に至るまで私の身の回りはすべてドギツイものばかり。
男受けしないのも当然だ!(いろんな意味で)

今回も我が家の男性たちには不評の鳥さん。(とくに目が)
こんなにカワイイのに。
めげないけどね、全然。

今日はこれから、夕飯に我が家のオリジナルレシピ
「鶏のクリームスープ煮」を作ります。
鶏肉とミックスベジタブルをバターで軽く炒め
牛乳とコンソメとたっぷりの白ワインと生クリームで煮るという
非常に高カロリーな一品。
夏バテ解消に、良いかと。
問題は、これを食べると無性にワインが飲みたくなること。
夏の間は節酒してるんですけどねぇ…。

2014年8月17日日曜日

モテ期


お盆休みの日々は甥っ子たちの襲来で過ぎ去り、
子守り疲れでひたすらぼーっとしています。
というか、ひたすら自由を噛み締めています。

中学一年生と小学四年生なので、もうあまり遊び相手(私)を
必要としないかなぁ……と思っていたのですけれど
男の子ってやっぱり女の子よりも幼いのかな。
相変わらず二人で私を取り合い、甘えられまくり
気がつくといつもどちらかがくっついてました。
そうなると当然愛犬たちも俄然嫉妬に燃え
二人と二匹にもみくちゃにされるという
人生最大のモテ期が到来していたのでした。
せめて休憩を……と自室に逃げて一人でお昼寝していても
暑くて目が覚めると二人と二匹がぐるりと私を囲んで寝ているという。
まあ……幸せではあったんですけど疲れました。

世のお母さんたちはすごいなぁ。
こんなパワフルな子供たちと夏休み中はずっと24時間一緒なんて!!!

愛犬たちもさすがに子供疲れしたらしく、
今はグーグー寝てばかりいます。
そんな姿にちょっと不憫になって、
なんとなく彼らのために何か作ろうかなー…と


image


秋冬ものの首輪を。
本犬モデルは拒否されたので、チビ愛犬ぐるみが代役を務めてます。

以前ピンクッションを作った時に残った羊毛ボールに
ゴムタイプのテグスを通してチャチャッと。
二匹とも茶系の毛なので、カラフルな色が映えてなかなかです。
ただし、愛犬たちのために作ったとはいえ彼らはちっとも喜んでいないので
自己完結しただけですけども。

引き続き暑い暑いと言いながらも
窓から差し込む陽の角度や美味しくなってきた果物の味に
うっすら秋の気配を感じます。
早いなー。

2014年8月8日金曜日

リメイク


編み物をし過ぎて、腱鞘炎気味です。
かぎ針編みで尚且つ手がキツイので、どうしても力が入ってしまうのです。
編み物教室の先生いわく、
腱鞘炎は放っておくと歳を取ってから「バネ指」になるので侮るなかれ
とのことなので、編み物はちょっと休憩。
(確かに、昔、腱鞘炎もなんのそのとテニスに燃えていた母は現在バネ指)
代わりにチクチク縫い物をしていました。

柄に惹かれて買ったものの、大きくて使い勝手が悪くて
一年以上も使用せず放置していたゴブラン織り風のトートバッグを……

ビフォー


image


アフター


  image


アフターの方の写真が悪い上、柄が表裏になってしまったので
どこをどう改善したのか分かりにくくなってしまいましたけど。

ビフォーはとにかく米袋のように大きくて
しかも腕がやっと通るくらいの木の持ち手がついていたので
持ち手を掴んで下げると地面に着いてしまう感じだったのです。
しかも、持ち手が薄いため荷物を入れると手が痛くなるし…ブツブツ。

なので、柄の良いところを残し思い切ってジョキジョキ。
ミシン嫌いゆえ手縫いでひたすらチクチク縫って、
大きなハトメをつけてロープ風の持ち手を通しました。
肩に掛けられて、A4サイズのファイルが縦にゆとりを持って入れられる大きさです。
サファリ柄らしくワイルドな夏のバッグになったと自画自賛。
この夏はガシガシ使えそう!わーい!

父が今日、携帯をiPhoneに機種変更(10月頃に新機種が出るのに…)してきて
おまけに母用にとiPadまで持って帰ってきたので
しばらくは二人に操作方法を教えるので忙しくなりそうです。
ああ、編み物したいのになぁ。

2014年8月1日金曜日

夏は来ぬ


気がつけば、八月。
暑いのは暑いんですけれど
制服を着て炎天下の通学路を部活のためにテクテク歩いていた
遠い高校生時代の夏休みの思い出が強烈過ぎて
どうしてもあれ以来、「夏」が来ていないような気がしてなりません。
じゃあ、この暑さはなんなのかしら?

と言いながら
ちっとも冷たい風にならないエアコンのフィルターを掃除したところ
設定温度を28度にしても酷寒の部屋になってしまい、風邪をひきました。
暑さにも涼しさにも体がなかなかついていけません。

そんな中、何を思ったか大物編みをいくつか同時進行し始めて
ゴールの見えない編み物生活が続いております。
大物は出来上がった時の達成感が大きいものですが
小物なら程よく達成感のステップを踏んでいけます。
その違いが、ウェア編みの苦手意識を左右しているような気がします。
あくまでも私の場合は、ですが。
それが分かっているのに、この暑い中ウェアを編み始めた乱心具合が
夏バテの前兆なのかも。

というわけで編みかけばかりで出来上がり写真がちっとも撮れないので
手元にあったものの写真なぞ。


image


今年使っている手帳とペン。

手編みの靴下のような米津祐介さんのイラストがお気に入りです。
ペンは確かどこかのミュージアムショップで購入。
「はらぺこあおむし」みたいだな、と今気がつきました。
わりとデジタル派なんですが、手帳だけは手書きが好きです。

編みかけの大物が全て編み終わったら、この靴下みたいな靴下を編みたいです。